ホーム > ポスレジについて > ポスレジと仕事の効率の改善に注目です

ポスレジと仕事の効率の改善に注目です

手作業で入力することが多いレジだと、仕事を始めたばかりの方など、覚えるのが大変になってしまう場合もあります。
安心して仕事を続けていくことができるように、使いやすいポスレジに交換する事を考えていくこともおすすめです。
例えば、バーコードを使うなど、簡単にレジに情報を登録することができ、お会計でもミスを防げるようにすることで、働くスタッフも安心できます。
また、売り上げの管理など、情報もお店の営業を続けていく中で、簡単にポスレジに情報がまとめられていることで、営業時間終了後の事務作業も進めやすくなります。
手間がかかることで、残業となってしまう場合もあり、仕事の効率を良くして、残業をすることなく、早めに帰ることができるようにすることも大切なことです。
仕事の効率を良くすることを考えて、新しいポスレジの機能をチェックしていくことも重要なことです。



ポスレジの活用とムリのない導入費用

店舗や企業の規模にかかわらず、インターネットを活用したポスレジの導入が広まっています。
昔ながらのメカレジは見かける機会が少なくなり、イベント会場といった移動用として利用される程度です。
ポスレジの魅力は多彩な機能にあり、お会計以外に商品別の売上集計や顧客管理にも活用されています。
登録済み商品はすべて集計の対象となるため、数千点や数万点といったレベルでも管理可能です。
近年は薄利多売の傾向がありますので、過剰な発注によるロスは避けなければなりません。
ポスレジであれば曜日別や月別などの売上データが取り出せるため、参考にして適正発注にいかすことが可能です。
結果として廃棄ロスと機会ロスのどちらも削減でき、健全な経営に大きく貢献することでしょう。
以前はレジシステム導入に莫大なコストが発生していましたが、ソフトやタブレットタイプのように個人商店や中小企業でも入手が容易です。



ポスレジで何がいつ売れたかを認識

コンビニには多くの商品が売られています。
その中でも主力になるのがお弁当であったりおにぎり等とされています。
これらは自社で製造して自社で販売しているため、利幅が大きくなっています。
その分売れなければ損をすることもあります。
うまく売り切るためには、いかに売れるときに商品を並べておけるかになります。
しかし、一般的なレジシステムの場合は単に商品の精算をするだけです。
そこで利用したいのがポスレジです。
ポスはポイントオブセールスを意味し、売れた時点の情報を記録してくれます。
もちろんレジなので、従来のレジシステムのように精算業務も行えます。
バーコードなどを読み取った時点の情報を記録することができるので、その商品がいつ売れたかがわかります。
後で販売状況などをチェックすれば、いつ投入すればよいかがわかります。
販売機会を逃しません。

次の記事へ

PAGE TOP